2017年1月アーカイブ

kiake_YC_101.jpg
薄墨印刷、長ニ折カード:308×103㎜(真ん中に折スジ1本加工あります)ケント紙

ヒラギノ行書体で作成しております。あいさつ文は14Pの文字で作成しておりますので、小さすぎず読みやすいです。洋2封筒のセットです



【文例】【入稿用】
謹 啓
御尊家御一同様には愈々御清祥の
ことと御慶び申し上げます
先般 母 夢 子 永眠の際には
御丁重な御弔詞をいただき且つ又
御芳志を賜りまして誠に有難く
厚く御礼申し上げます この度
七七日忌の法要を営みましたので
供養の印までに心ばかりの品を
御届け申し上げました
どうぞ御納め下さいますよう御願い
申し上げます
書面にて失礼ではございますが
まずは御礼かたがた御挨拶を申し
上げます
            謹 言
平成二十九年●月
夢嶋 幸一

謹 啓
御尊家御一同様には愈々御清祥の
ことと御慶び申し上げます
先般 ①続柄 ②故人のお名前 永眠の際には
御丁重な御弔詞をいただき且つ又
御芳志を賜りまして誠に有難く
厚く御礼申し上げます この度
③七七日忌 の法要を営みましたので
供養の印までに心ばかりの品を
御届け申し上げました
どうぞ御納め下さいますよう御願い
申し上げます
書面にて失礼ではございますが
まずは御礼かたがた御挨拶を申し
上げます
            謹 言
④平成●年●月
⑤お名前


【喪主】は忌が明けたので、お入れしなくても良いとされてます。
最後のお名前の前に、【喪主 夢嶋 幸一】のように【喪主】をお入れしたい方はご指示下さい。

◆③は変更できます。
七七日忌、四十九日忌、
三十日祭、五十日祭、記念祭、追悼ミサ
満中陰


kiake_YC_102.jpg
薄墨印刷、長ニ折カード:308×103㎜(真ん中に折スジ1本加工あります)ケント紙

ヒラギノ行書体で作成しております。あいさつ文は14Pの文字で作成しておりますので、小さすぎず読みやすいです。洋2封筒のセットです



【文例】【入稿用】
謹 啓 
時下益々御清栄の御事と御慶び
申し上げます
先般 母 夢 子 永眠の際には
御丁重な御弔詞をいただき且つ又
御芳志を賜りまして誠に有難く厚く
御礼申し上げます
御蔭を以ちましてこの度滞りなく


慈恵院妙華道心夢恩

七七日忌法要相営み忌明仕りました

供養の印までに心ばかりの品を
御届け申し上げました
どうぞ御納め下さいますよう御願い
申し上げます
書面にて失礼ではございますが
まずは御礼かたがた御挨拶を申し
上げます       謹 言

平成二十九年●月
夢嶋 幸一


謹 啓 
時下益々御清栄の御事と御慶び
申し上げます
先般 ①続柄 ②故人のお名前 永眠の際には
御丁重な御弔詞をいただき且つ又
御芳志を賜りまして誠に有難く厚く
御礼申し上げます
御蔭を以ちましてこの度滞りなく

③慈恵院妙華道心夢恩

④七七日忌法要相営み忌明仕りました

供養の印までに心ばかりの品を
御届け申し上げました
どうぞ御納め下さいますよう御願い
申し上げます
書面にて失礼ではございますが
まずは御礼かたがた御挨拶を申し
上げます       謹 言

⑤平成二十九年●月
⑥お名前



【喪主】は忌が明けたので、お入れしなくても良いとされてます。
最後のお名前の前に、【喪主 夢嶋 幸一】のように【喪主】をお入れしたい方はご指示下さい。

◆④は変更できます。
七七日忌、四十九日忌、
三十日祭、五十日祭、記念祭、追悼ミサ
満中陰


kiake_YC_103.jpg
薄墨印刷、長ニ折カード:308×103㎜(真ん中に折スジ1本加工あります)ケント紙

ヒラギノ行書体で作成しております。あいさつ文は14Pの文字で作成しておりますので、小さすぎず読みやすいです。洋2封筒のセットです



【文例】【入稿用】
謹 啓 
皆様にはますますご清祥のことと
拝察申し上げます
先般 父 夢 義 永眠の際には
お心のこもったご弔詞ならびに
ご芳志を賜りまして誠にありがたく
厚く御礼申し上げます  本 日


慈恵院妙華道心夢恩

七七日忌の法要を滞りなく相営む
ことができました
生前故人に賜りましたご交誼を
深く感謝申し上げます

つきましては供養の印までに
心ばかりの品をお届け致しました
どうぞお納め下さいます様宜しく
お願い申し上げます
お目にかかり親しく御礼申し上げる
べきところ書面にて失礼では
ございますが御礼かたがたご挨拶を
申し上げます       
           謹 言

平成二十九年●月
夢嶋 幸一


謹 啓 
皆様にはますますご清祥のことと
拝察申し上げます
先般 ①続柄 ②故人のお名前 永眠の際には
お心のこもったご弔詞ならびに
ご芳志を賜りまして誠にありがたく
厚く御礼申し上げます  本 日

③慈恵院妙華道心夢恩

④七七日忌の法要を滞りなく相営む
ことができました
生前故人に賜りましたご交誼を
深く感謝申し上げます

つきましては供養の印までに
心ばかりの品をお届け致しました
どうぞお納め下さいます様宜しく
お願い申し上げます
お目にかかり親しく御礼申し上げる
べきところ書面にて失礼では
ございますが御礼かたがたご挨拶を
申し上げます       
           謹 言

⑤平成二十九年●月
⑥お名前



【喪主】は忌が明けたので、お入れしなくても良いとされてます。
最後のお名前の前に、【喪主 夢嶋 幸一】のように【喪主】をお入れしたい方はご指示下さい。

◆④は変更できます。
七七日忌、四十九日忌、
三十日祭、五十日祭、記念祭、追悼ミサ
満中陰


メール


Bana_150_100m_mail.jpg

ライン


Bana_160_160_line.jpg

洋2封筒 弔事用カード


Bana_150_100_a_1.jpg

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。