丸ゴシックのご案内 by 夢工房

活字としての丸ゴシック体の登場は1900年ごろで、とりわけ初期は篆書のような独特の字形であったようです。ゴシック体の角を丸めたような書体です。やさしい感じで読みやすくよく使われている書体の一つです。人気のある書体の一つです。


1_TY-DO-1.jpg 2_TY-DO-1.jpg

夢工房の印刷MENU

Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_dousou.jpg Bana_160_60_butuji.jpg Bana_160_60_option.jpg Bana_160_60_syoutai.jpg Bana_160_60_futo.jpg Bana_160_60_le.jpg Bana_160_60_post.jpg Bana_160_60_meishi.jpg Bana_160_60_p_card.jpg Bana_160_60_p_card.jpg Bana_160_60_seal.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.11
ine2.jpg

挨拶状オプション

Bana_160_60_home.jpg Bana_160_90m_seal.jpg Bana_160_160ley.jpg Bana_160_160leyw.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち丸ゴシックカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは隷書体です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。