たまわりは?賜り、賜わり?

| トラックバック(0)
挨拶状ではよく使われている「たまわり」という言葉ですが、「賜わり」なのか「賜り」なのか、どっちなんでしょうか?
古くから、某封筒メーカーの忌明け挨拶状作成文例には、「賜わり」が使われています。そこで「たまわり」をwebで検索してみたところ、とある印刷関係と思われる方の記事をみて、そこには、絶対「賜わり」が正解という意見でした。印刷関係の方は、「賜わり」いろんなサイトや仏事関係のサイト等も「賜わり」を結構使っていましたので、「賜わり」が正解なのかなぁ~と思っておりました。でも「賜り」もよく見かけます。私の中では、両方使って良いのかと思っており、文例と作成例等も、まちまちに作っておりましたが、心のどこかで引っかかっていました。
やっぱりここは辞書を引くことに(^^;)あ~もっと早くに辞書を引けば良いのに。。。

広辞苑では、「賜り」になっておりました。

もう広辞苑がそう書いてあるのだから、誰がなんと言おうが「賜り」が正解!!

しかしながら、一般的にも「賜わり」が使われているのは事実なところです。パソコンで変換しても、「賜り」「賜わり」両方出てきますから常用的にどちらも使われているから出てくるのですね。

当店としましては、統一した文例にしたいので、ここは素直に広辞苑を信じて「賜り」で作成しています。古く上げた文例には、「賜わり」を使っているのもありますので、ご依頼を受けた挨拶状については、「賜り」の説明をしまして修正させていただきます。
いや、絶対「賜わり」で作成してよ~という方には、ご指示の通り作成させていただきます。

今後当店では、「賜り」で作成致します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yume-c.com/mt/mt-tb.cgi/1377

夢工房のカテゴリ

夢工房の印刷MENU

Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_dousou.jpg Bana_160_60_butuji.jpg Bana_160_60_option.jpg Bana_160_60_syoutai.jpg Bana_160_60_futo.jpg Bana_160_60_le.jpg Bana_160_60_post.jpg Bana_160_60_meishi.jpg Bana_160_60_p_card.jpg Bana_160_60_p_card.jpg Bana_160_60_seal.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.11
inu5.jpg

挨拶状オプション

Bana_160_90m_seal.jpg Bana_160_160ley.jpg Bana_160_160leyw.jpg

この記事について

このページは、PrintShop★夢工房が2017年3月13日 01:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「葬儀での礼状文例集 御供花等」です。

次の記事は「おかげさまって漢字は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。