◇3月挨拶文の最近の記事

3_L08.jpg挨拶状印刷・案内状印刷・招待状印刷承ります。
自分らしい表現、貴社の社風にあった表現で心のこもった挨拶状にしましょう。



【ひな祭り】雛祭
3月3日の節供行事。雛人形を飾り菱餅(ひしもち)や桃の花を供え、白酒で祝う。男子の端午の節供に対して、女子の節供とされます。雛祭の形式が現在のように整ったのは江戸時代に入ってからで、源流は祓(はらえ)のため人形(ひとがた)に供物をささげて水に流した古代の風習にあり、鳥取県の流し雛などにその風習が残っているようです。

弥生(やよい)、花月(はなづき)、桃月(とうげつ)、花見月(はなみづき)、夢見月(ゆめみづき)、嘉月(かげつ)、桜月、春惜月(はるおしみづき)
弥生=草木がいやよいに(いやがうえにも)おいしげる月


初春の候、浅春の候、春陽の候、孟春(もうしゅん)の候、早春の候、浅香の候、春色の候、春暖の候、浅暖の候、春雪の候、春情の候、雪解の候、春雨の候、仲春の候、弥生の候、若草萌ゆる候


○日ごとに木の芽もふくらんでまいりましたが、
○ようやく春めいてまいりましたが、
○春一番が到来しましたが、
○ひと雨ごとに春の訪れを感じるこのごろですが、


○桃の三月・春色とみに濃く・寒さも緩み・日増しに温かさを増し小川の水もぬるみ・日増しに春らしく・桜のつぼみもふくらみ・野に山に春の色が濃くなって・木々の緑日毎に色めく季節
○日増しに春らしくなってまいりました。
○連翹(れんぎょう)の黄色い色が春の陽ざしに光る頃と鳴りました。
○紋白蝶が菜の花の上を楽しそうに飛びまわっています。
○近くの浜では汐干狩を楽しめるようになりました。
○涅槃西風(ねはんにし)が吹きわたり、ようやく暖かくなった今日この頃でございます。
○早いものでもう二月堂の御水取の季節となりました。
○庭の遅咲きの紅梅ももうほころびはじめました。
○雛祭はもう明日というのに、雪が降り積もっています。北国の春は、まだまだ遠いようです。
○日の光、雲のようすには春らしさが感じられ、心までうきたつ思いがいたします。
○高校野球の球音が聞こえるようになると、春たけなわの感が強くいたします。
○子どもたちも巣立ちのときを迎えましたね。私たちも肩の荷を下ろして何か始めませんか。

夢工房のカテゴリ

夢工房の印刷MENU

Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_dousou.jpg Bana_160_60_butuji.jpg Bana_160_60_option.jpg Bana_160_60_syoutai.jpg Bana_160_60_futo.jpg Bana_160_60_le.jpg Bana_160_60_post.jpg Bana_160_60_meishi.jpg Bana_160_60_p_card.jpg Bana_160_60_p_card.jpg Bana_160_60_seal.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.11
inu5.jpg

挨拶状オプション

Bana_160_90m_seal.jpg Bana_160_160ley.jpg Bana_160_160leyw.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち◇3月挨拶文カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは◇2月挨拶文です。

次のカテゴリは◇4月挨拶文です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。