◇11月挨拶文の最近の記事

11_H03.jpg ◎時候・季節の挨拶文【11月】挨拶状印刷・案内状印刷・招待状印刷承ります。
自分らしい表現、貴社の社風にあった表現で心のこもった挨拶状にしましょう。




文化の日、立冬(二十四節気の一つ。8日頃。暦の上では冬が始まる)小雪(しょうせつ)(二十四節気の一つ。23日頃)勤労感謝の日
七五三の祝い(15日。男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳を祝います)

霜月(しもつき)、神楽月(かぐらづき)、子の月(ねのつき)、雪待月(ゆきまちづき)、竜潜月(りょうせんげつ)、神帰月(かみかえりづき)、霜降月(しもふりつき)
霜月=霜の降る月

晩秋の候、暮秋の候、季秋の候、深秋の候、向寒の候、初雪の候、立冬の候、落葉の候、夜寒の候、冷雨の候、残菊の候、霜寒の候、初霜の候、微寒の候、初雁の候、初しぐれの候、ゆく秋の候


○小春日よりの穏やかな日が続いておりますが
○菊薫るこの頃・落ち葉風に舞うころ・うららかな小春日和続きで・夕風肌寒く身にしむ・吐く息も白くなり・朝夕ひときわ冷え込むころ・ゆく秋の寂しさ身にしみるころ・秋もいちだんと深まり・冷気日ごとに加わり
○日増しに秋も深まってまいりました。
○朝晩めっきり冷え込むようになりました。
○晩秋とは思えぬうららかな小春日和がつづきます。
○菊薫る霜月となりました。
○庭の石蕗(つわぶき)の花が、ここなし寒そうにふるえています。
○昨日までの暖かさがうそのように、きょうは木枯らしがふきすさんでいますが、風邪など召していらっしゃいませんでしょうか。
○初霜が落葉におりるころとなりました。そろそろこたつがなつかしくなります。
○めっきり日脚が短くなり、冬がすぐそこまで来ているような、きょうこのごろです。
○松茸の香もゆかしい暮秋のおりから......。
○ゆく秋をおしむかのように、落葉が風に舞っています。
○梅雨まじりの風が窓をたたき、秋寒が身にしみます。

夢工房のカテゴリ

夢工房の印刷MENU

Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_home.jpg Bana_160_60_dousou.jpg Bana_160_60_butuji.jpg Bana_160_60_option.jpg Bana_160_60_syoutai.jpg Bana_160_60_futo.jpg Bana_160_60_le.jpg Bana_160_60_post.jpg Bana_160_60_meishi.jpg Bana_160_60_p_card.jpg Bana_160_60_p_card.jpg Bana_160_60_seal.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg Bana_160_60_syoujyo.jpg
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.11
inu5.jpg

挨拶状オプション

Bana_160_90m_seal.jpg Bana_160_160ley.jpg Bana_160_160leyw.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち◇11月挨拶文カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは◇10月挨拶文です。

次のカテゴリは◇12月挨拶文です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。